2014年12月22日

布川事件の冤罪被害者、桜井昌司さんを迎えて。桜井さんは実はシンガーソングライターなのです。

Sakurai1.jpg

※西東京市議会選挙速報のため12/21(日)の放送開始が26時を過ぎました。そのため桜井昌司さんのゲスト出演の放送は12/28(日)にも再放送いたします。
※放送予定は下記のようになります。
12/21(日)26:00以降・・・シンガーソングライター桜井昌司さん初のゲスト出演
12/28(日)23:00・・・12/21放送分の再放送
1/11(日)23:00・・・桜井昌司さん2度目のゲスト出演

桜井さんは布川事件の冤罪被害者で、無実の罪で29年間投獄され、44年目に無罪を勝ち取ったことで、有名な方です。しかし、獄中で作詞作曲を覚え、「いつか自由の身になったら音楽をやってみたい」という想いを生きる支えにしてきたことは余り知られていません。その桜井さんが作ったCDが「想いうた」。心の叫びという表現はこのCDのためにあったと言っても過言でないくらい、素晴らしい作品です。
冤罪被害者としてメディアに登場する機会の多い桜井さんですが、シンガーソングライターとしての出演は初めてとのこと。とても楽しい放送になりました。



想いうた.jpg

2015/2/21「冤罪の集い」
主催:水戸翔合同法律事務所友の会
会場:水戸JA会館(水戸市梅香内)水戸駅北口徒歩で7-8分
お問い合わせ:029-231-4555
※桜井昌司さんが集会で歌います。


※ネットがあれば地球の裏でも聞けるサイマル放送は→ http://842fm.west-tokyo.co.jp/
posted by 村長 at 02:39| Comment(2) | ポッドキャスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一般企業から転職して日本予防医学協会で民間全業界〜公務員の健診業務もしていましたが警察も検察も裁判官も所詮公務員で血税を垂れ流す反社会組織で妄想障害者ですよ。公務員の呆れた実態を知り民間企業にもどりました。闇組織ですから逮捕の段階で弁護士をつけて任意調べから全面可視化して冤罪を防止すべしですね。不都合な事は、隠しますよ。学校、保育園、病院含め全ての公共機関、公益法人まともな人は、ほとんどいませんし呆れて辞めていくか嫌がらせ受けて退職を強要してます。労働組合も大した力ありませんし人権擁護委員会に強制力を持たせて民間人という世論で追い込んでいくしかこんな理不尽な事案は、無くなりません。
Posted by 小澤 斉 at 2015年03月21日 09:10
今頃コメントに気づきました。申し訳ありませんm(__)m
冤罪について知れば知るほど、理不尽で呆れます。冤罪は冤罪被害者が作るのではなく、警察・検察が作り出して無実の人を犯人に仕立て上げ、裁判所がそれを認定する、という信じられないことが起こっていると思い知らされました。日本の司法は狂っていますね。しかし、このまま放置できません。分かりやすく一般の人々に伝えていこうと思います。
Posted by なつし聡 at 2016年06月13日 16:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: